やろうやろうとおもってやってなかったVIMへの切り替え。

# vi ~/.bashrc

# .bashrc

# User specific aliases and functions

alias rm=’rm -i’
alias cp=’cp -i’
alias mv=’mv -i’
alias vi=’vim’  ←  エイリアス設定を追加

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
. /etc/bashrc

fi 

再読み込みさせる
 # source .bashrc

確認
# which vi
alias vi='’vim’'
 


オッケー 
スポンサードリンク