勉強後記

千里の道も一歩から。学びから遊びまで継続活動の日記。

2014年05月

本日は晴天なり。

Fedoraのセットアップ時にGUI環境を入れていなかったので、いろいろアップグレードするのもめんどくさいのでGUI環境をインストールしてみた。

yum groupinstall "X Window System" "KDE (K Desktop Environment)"

700MBくらいあるので結構じかんかかる。まぁでも最新版にしておきたいじゃんということで。 
俺の無知が悪いんだろうが、どうもうまくアップグレードできんのだよね・・・・。

日本語環境のインストール
yum groupinstall 'Japanese Support' 

再起動。 

ログイン後
startx

gnome3

でok。とりあえず今日はここまで。
 

やろうやろうとおもってやってなかったVIMへの切り替え。

# vi ~/.bashrc

# .bashrc

# User specific aliases and functions

alias rm=’rm -i’
alias cp=’cp -i’
alias mv=’mv -i’
alias vi=’vim’  ←  エイリアス設定を追加

# Source global definitions
if [ -f /etc/bashrc ]; then
. /etc/bashrc

fi 

再読み込みさせる
 # source .bashrc

確認
# which vi
alias vi='’vim’'
 


オッケー 

fedora15を仮想環境で実行中なのだが、yumが先日からうまくいかない。ちといろいろ試してみる。

エラー: Cannot retrieve repository metadata

とあるので
下記ページを参照に修正してみる。
http://pcknowhow.seesaa.net/article/158816157.html

# cd /etc/yum.repos.d/
# vi fedora.repo 

[fedora]
name=Fedora $releasever - $basearch
failovermethod=priority
baseurl=http://download.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/releases/$releasever/Everything/$basearch/os/
#mirrorlist=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=fedora-$releasever&arch=$basearch
enabled=1→enabled=0
metadata_expire=7d
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-$basearch

としてみた。
とりあえずアップデートはできるようになったものの依存関係のエラーがでる。
なんだろうなぁ。
 

私に足りないのは幸せになる勇気だ。
どうして私が他者を敵とみなし、仲間と思えないおか。

それは私が人生のタスクから逃げているからだ。

行動面の目標は①自立すること②社会と調和して暮らせること。
これを支える心理面の目標が①私には能力があると言う意識、人々は私たちの仲間であるという意識。

これらの目標は、アドラーのいう人生のタスクと向き合うことで達成できる。

1人の個人が、社会的な存在として生きて行こうとするとき、直面せざるを得ない対人関係。それが人生のタスクです。

このページのトップヘ