勉強後記

千里の道も一歩から。学びから遊びまで継続活動の日記。

    スポンサードリンク

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ちょっと躓きましたが、簡単でした。(2022/05/26現在)

    前提

    有効期限が切れてからでないと更新作業が出来きないようです。
    私の有効期限が2022/05/25までだったので、25日当日に作業をしたのですが上手くいきませんでした。

    2022/05/25の状態

    # subscription-manager list
    +-------------------------------------------+
        インストール済み製品のステータス
    +-------------------------------------------+
    製品名:           Red Hat Enterprise Linux for x86_64
    製品 ID:          479
    バージョン:       8.6
    アーキテクチャー: x86_64
    状態:             期限切れです
    状態の詳細:       
    開始:             
    終了:             

    となってしまっていました。更新手順は下記にあるのですが
    https://developers.redhat.com/articles/renew-your-red-hat-developer-program-subscription#

    手順通りやっても上手くいきませんでした。

    2022/05/26の状態

    日付がかわって5/26で有効期限が切れた状態で手順通りに作業してみます。

    1. 1.Chromeのシークレットウィンドウ、Firefoxのプライベートウィンドウ、またはEdgeのInPrivateウィンドウでdevelopers.redhat.comを開きます。
    2. 2.RedHatログインIDを使用してサイトにサインインします。

    ここで2022/05/25には出てこなかった、利用規約の同意画面が出てきます。
    Snipaste_2022-05-26_09-47-23

    利用規約に同意して、ログアウトします。

    3.15〜20分待ってから、access.redhat.com/managementにログインします。

    Snipaste_2022-05-26_10-08-09

    1年間有効期限が伸びたことが確認できます。

    サブスクリプションの登録

    作業後今の状態を確認してみます。

    # subscription-manager list
    +-------------------------------------------+
        インストール済み製品のステータス
    +-------------------------------------------+
    製品名:           Red Hat Enterprise Linux for x86_64
    製品 ID:          479
    バージョン:       8.6
    アーキテクチャー: x86_64
    状態:             サブスクライブなし
    状態の詳細:       有効なサブスクリプションでサポートされていません。
    開始:
    終了:

    状態が期限切れ→サブスクライブなしに変わっているのが確認できました。

    # subscription-manager register --auto-attach --force
    →システムは一度登録されているので、--forceのオプションをつけます
    登録の解除中: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
    UUID が xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx のシステムの登録は解除されました
    ローカルデータがすべて削除されました
    登録中: subscription.rhsm.redhat.com:443/subscription
    ユーザー名: デベロッパーアカウントに登録した時のメールアドレス
    パスワード:デベロッパーアカウントに登録した時のパスワード
    このシステムは、次の ID で登録されました:  xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx 
    登録したシステム名: 登録したサーバのFQDN
    インストール済み製品の現在の状態:
    製品名: Red Hat Enterprise Linux for x86_64
    状態:   サブスクライブ済み

    これで登録作業がおわりましたので、アカウント画面で確認してみます。

    access.redhat.com/managementのシステムをクリックします。

    Snipaste_2022-05-26_10-19-44

    先ほど登録したサーバーが登録されている事が確認できればOKです。

    UPdate確認

    アップデートなどが出来るかも確認しておきましょう。

    更新作業前にアップデートしようとすると下記の様な状態になっていました。
    # dnf check-update
    サブスクリプション管理リポジトリーを更新しています。
    メタデータの期限切れの最終確認: 2:42:48 時間前の 2022年05月26日 07時01分03秒 に実施しました。

    更新作業後
    # dnf check-update
    サブスクリプション管理リポジトリーを更新しています。
    Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - BaseOS (RPMs)              40 MB/s |  47 MB     00:01
    Red Hat Enterprise Linux 8 for x86_64 - AppStream (RPMs)           41 MB/s |  44 MB     00:01
    メタデータの期限切れの最終確認: 0:00:01 時間前の 2022年05月26日 10時26分42秒 に実施しました。

    sos.noarch                       4.2-19.el8_6                        rhel-8-for-x86_64-baseos-rpms

    更新作業が出来ました。

    期限日に作業しようとすると作業が出来ないので、期限日が過ぎてから作業をするようにしましょう。

    ちょうどこのタイミングでサーバの再構築をしようとしたので、UPdate出来なくて焦りましたが期限が1年ということを意識して作業をするようにしたらOKですね。

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    会社で見つけてしまったので対応します。
    WindowsServerだから大丈夫だろうと思っていたら完全に抜けていました。

    参考にさせて頂いたサイト

    【図解】Apache Log4jの脆弱性の仕組みと対応の必要性、攻撃有無の確認方法(CVE-2021-44228)
    https://amg-solution.jp/blog/27313

    Apache Log4jの脆弱性とは 悪用方法と対策をわかりやすく解説
    https://smbiz.asahi.com/article/14502837#inner_link_001

    【12/19更新】Log4Jの使用や使用中バージョンの調べ方・確認方法
    https://sukkiri.jp/news/log4jversion_analysis.html

    Apache Log4j脆弱性に関するPowerChute Business Editionへの影響と対策について
    https://www.se.com/jp/ja/faqs/FAQ000229381/

    Security Notification - Apache Log4j Vulnerability (Log4Shell)
    https://www.se.com/ww/en/download/document/SESB-2021-347-01/


    WindowsServer2019でインストール有無を確認する

    コマンドプロンプトから
    C:\Users\hogehoge>cd /
    C:\>where /r . log4j-core*.jar
    C:\Program Files (x86)\APC\PowerChute Business Edition\agent\lib\log4j-core-2.11.1.jar
    log4j

    修正作業

    1.7-Zip をダウンロードしてインストールする。

    2.管理者権限でコマンドプロンプトを起動する。

    3.該当のディレクトリまで移動する
    C:\Program Files (x86)\APC\PowerChute Business Edition\agent\lib

    4.PowerChute serviceを止める
    net stop apcpbeagent

    5.下記コマンドを実行する
    "c:\Program Files\7-Zip\7z.exe" d log4j-core-2.xx.x.jar JndiLookup.class -r
    UPs

    xxの部分は自分の環境にあわせて変更が必要。

    6.PowerChuteサービスを開始
    net start apcpbeagent

    とりあえず暫定の対応はこれでよさそうかな?

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

    任務情報

    曙/潮/漣/朧 or 白露改二/時雨改二/村雨改二/夕立改二 を含む編成で
    1-4,2-3,3-2 S勝利×2回

    燃料弾薬2000,選択報酬に
    開発資材10 or 高速修復材8
    勲章1 or 給糧艦「間宮」1 or 補強増設1

    前提任務不明。
    後続に【夏季限定】「渚のシレーナ」欧州作戦!

    1-4.2-3編成

    【夏季限定】「渚のマーメイド」作戦!1-42-3

    制空は艦載機のキラ付けかねて拮抗調整。
    優勢取りたい人は85、確保が取りたい人は165目安で。

    3-2編成

    軽巡1駆逐5の高速+で良いかと・・・。
    【夏季限定】「渚のマーメイド」作戦!3-2

    電探を1つ以上持ちましょう。
    ホノルルを脱がせたらいいなとおもって入れてます。

    完走した感想

    一気にやろうとすると疲労がめんどくさかったです。

    ホノルル可愛いよ
    kancolle_20210716-003055163







     

    このページのトップヘ